【陸上】高野進氏、日本人初の9秒台を「桐生選手が出してくれて嬉しかった」

1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/09/10(日) 11:16:17.13 ID:CAP_USER9
陸上男子400メートル日本記録保持者の高野進氏(56)が10日、ツイッターを更新。9日に行われた日本学生対校選手権男子100メートル決勝で、桐生祥秀(21)=東洋大=が追い風1・8メートルの条件下、日本人で初めて10秒の壁を突破する9秒98で、3年連続3度目の優勝を果たしたことについて、「極めて個人的な感想だが、桐生選手が出してくれて嬉しかった」と喜んだ。 

「もちろん誰が出しても素晴らしい」と前置きしたうえで、「彼とスタッフの長きに渡る改良のプロセスを見守って来た者の一人として、今後の日本陸上界にとって大きな宝になると感じた」とその意義を強調した。

桐生は京都・洛南高3年だった2013年に10秒01をマークして注目を集め、15年には追い風参考で9秒87を記録。昨年6月にも2度目の10秒01で走っていた。9日に伊東浩司が1998年アジア大会で出した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。

 
さらに読む

【芸能】織田裕二が「世界陸上」から消える説が浮上するザ・芸能界なワケ

1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 06:26:02.74 ID:CAP_USER9

俳優・織田裕二といえば、毎回、TBS系で放送されている「世界陸上」の中継番組での情熱的なMCぶりが広く知られている。今年8月に2年ぶりで開催されたロンドン大会の中継番組でも、11回連続でコンビを組む、フリーアナウンサーの中井美穂を相手に終始ハイテンションで番組を盛り上げた。今や同番組の“顔”と言ってもいい織田だが、その迷MCぶりが2度と見られなくなる可能性もあるという。

同局の関係者はこう語る。「バラエティ番組や情報番組、ニュース番組など、最近はジャニーズさんがやたらと所属タレントのMC業に力を入れていますからね。特にこれから東京五輪の開催時期に向けて、ますます攻勢を強めていくことが予想されます。そうした中、織田さんが担当している『世界陸上』の中継番組にもかなり興味を示しているんですよ」

元SMAPの中居正広や関ジャニ∞の村上信五がバラエティ番組のMCを務めて、嵐の櫻井翔やV6の井ノ原快彦、KAT-TUNの亀梨和也などが情報番組のキャスターを務めるなど、司会業ビジネスにも力を入れているジャニーズ事務所が、「世界陸上」の中継番組に関心を寄せるのは自然な流れだろう。はたして、織田は2年後のカタール・ドーハ大会の中継番組でもその雄姿を見せることができるのか!?

 
さらに読む

【陸上】<男子100m>10秒0台以内に桐生ら6人…今季10傑がスゴイ!朝原宣治氏「これは日本か!?」

1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/11(月) 08:37:28.42 ID:CAP_USER9

陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。

自己ベストを更新する10秒07に入った多田修平(関学大3年)を含め、今季10秒0台以内で走った日本人は6人。北京五輪男子400メートルリレー銅メダリストの朝原宣治氏は「これは日本か!?」とツイッターで驚きの声を上げている。

8月の世界選手権400メートルリレーではサニブラウン、ケンブリッジとタイム上位2選手を欠きながら、急きょ起用された藤光謙司が力走し、選手層の高さを見せつけていた日本。桐生が破った「10秒の壁」の勢いに乗り、日本人にとって9秒台は当たり前となる日も近いかもしれない。

 
さらに読む

100m9秒台ってどれ位の難度か他の例で例えて

2: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/09/09(土) 18:48:57.42 0
俺が就職

さらに読む

【全てが9並び】桐生祥秀H29年9月9日に9秒台 世界歴代99位、その他のパラメーターも全て「9」へ

1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@無断転載は禁止 [IE] 2017/09/09(土) 20:43:40.03 ID:Z08yj0LW0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

 

男子100メートルで、桐生祥秀(21=東洋大4年)が、日本人初の9秒台を記録した。決勝で9秒98をマーク。あらゆる場面で「9」との縁が浮き彫りになった。

まず、9秒台を出した記念すべきこの日は平成29年9月9日。伊東浩司氏が10秒00を記録して以来、19年ぶりの日本新だった。 さらに9秒98は、世界歴代99位にランクインした。

ここからはこじつけになるが、この日の追い風1・8メートルは、1+8=「9」。9秒台を出したのは桐生が世界で126人目で、1+2+6=「9」。 9秒台の選手を輩出した国は日本が27カ国目で2+7=「9」。「究」極の喜びとなった。

 

さらに読む