陸上競技を選んだ理由

最近は人生について考えたりしています。
人間って何のために生活しているのだろうか。どうせ死ぬのになぜ頑張るのか。
自分の人生についても考えたりしています。


自分は人生という限りなく大きな可能性のある中でなぜ陸上競技を選んだのか。
人間は生物進化の過程で走ることが苦手な部類になっている。そこらの犬にさえ勝てない。

それなのに、なぜあえて苦手競技である「走る」ことで勝負しているのだろうか。
他の生物に比べて頭脳が優れているのなら、そこで勝負するべきではないか。

人間はどのように誕生したのか。
日本ではダーウィンの進化論が有力だけど、
そこには過程の仮説しかなく、
起源の仮説について触れていない。
確かにより良い遺伝子が残ったかもしれないけど、そのスタートはなんだったのか。
ビッグバン?衝突?微生物?!本当かよって疑ってしまう話ばかり。

「知的設計者」の話を知っているだろうか。
宇宙のどこかに知的設計者がいて、その知的設計者がたとえばDNAを設計して、
生物を創り出したという説。


当然、これも人類誕生のたくさんある仮説のなかのひとつにすぎない。
でも、アメリカではこの説を中・高校生に教えるかでいろいろな議論が行われているらしい。
ちなみにアメリカの13~17歳を対象にしたアンケートでは、
ダーウィンの進化論を信じているのはたったの37%らしい。
(参考:本『99。9%は仮説』)

人間がどうやって誕生したのかはすごく興味深いけど、それ以上に・・・

人間はなぜ誕生したのか、なぜ人間が生き延びているのかが知りたい。


仮にダーウィンの進化論が正しいとしたら、

なぜ人間が事実上、地球上で最も強く生き残ってしまっているのだろうか。
生物を相対的に比べて人間は明らかに完全体ではない。あまりにもろい生き物。
そして、環境を見事に破壊しているのも紛れもなく人間である。

 

人間なんて消えてしまえばよいのに!とまでは思わないが、
人間が生きている価値はあるのか!?とは感じる。


人生に関して、陸上に関してどれだけ考えても最後はいつも「自己満足」という結論に至る。

全ては自己満足な気がする。


いかに自分を満足させることができて、それによって幸せをどれだけ感じることができるのか。

これが”人間の生きている意味”と俺は結論付けたい。


その上で、果たして自分が最も生きてる意味を見出せることはなんだろうかと考えてみる。

やっぱりそれは陸上以外の何者でもないと思う。


自分を一番満足させることが出来るものは間違いなく陸上競技、100mに違いない。

走ることが好きだから。もっと速く走りたいから。自分の限界に挑戦したい!


同じ部活にはものすごく高い志を持った仲間もいる。立派なグラウンドもある。

自分は最高に恵まれた環境で練習ができているんだ。
変なことばかり考えていないで、夢に向かって進もう(><)
人生において、俺は「走ること」を選んだのだからどこまでも走っていこう!

【陸上】倒れたトップランナーを介助 17歳の少女の決断に称賛の声 ダラス・マラソン(米テキサス州)にて

1: サイカイへのショートカット ★ 2017/12/12(火) 14:11:17.40 ID:CAP_USER9

倒れたトップランナーを介助 17歳の少女の決断に称賛の声
2017年12月12日 11:17 スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ゴール手前でセルフさんを助けた17歳のルターマンさん Photo By AP

10日に行われたダラス・マラソン(米テキサス州)の女子リレーの部(5人)に出場した地元ダラスの高校生、アリアナ・ルターマンさんの“最後の決断”が注目を集めている。

リレーのアンカーだった彼女は残り3キロ付近でフルマラソンの部で先頭を走っていたチャンドラー・セルフさんをとらえて併走したが、脱水症状を引き起こしていたセルフさんはゴール手前100メートルあたりで転倒。しかしルターマンさんはセルフさんに手を貸して立たせ、その後何度も倒れかかった“トップランナー”を抱きかかえるようにしてフィニッシュ・ラインを通過させた。

ニューヨーク在住の精神科医でもあるセルフさんは2時間53分58秒で優勝。AP通信によればセルフさんの家族は「彼女(ルターマンさん)こそ勝者に値する」と17歳の少女の行為を称賛し、ソーシャルネットワークでは「大きな心の持ち主によるドラマティックなフィニッシュ」として瞬く間に世界に広まっていった。

 
さらに読む

【陸上】東京マラソン 2019年から「3月第1日曜」開催に変更 天皇誕生日が2月23日になること受け

1: サイカイへのショートカット ★ 2017/12/12(火) 17:09:08.36 ID:CAP_USER9

2019年から「3月第1日曜」開催に変更 天皇誕生日が2月23日になること受け

東京マラソン財団は12日、東京都内で理事会を開き、東京マラソンの開催日を2019年大会から3月の第1日曜日に変更することを決めた。新天皇の即位に伴い、2020年から天皇誕生日が2月23日になることを受けての措置。

これまで東京マラソンは2月の最終日曜日に開催してきたが、フィニッシュ地点であるJR東京駅前の行幸通り周辺では会場の設営に2日、撤去に1日が必要で、これらの期間が天皇誕生日と重なるケースが出てくる。天皇誕生日には皇居で一般参賀などが行われ、近くの行幸通り周囲を交通規制して会場設営したり、警備態勢を確保したりすることが困難になるという事情がある。

同財団は気象条件や他のワールド・マラソン・メジャーズの大会日程などを踏まえ、開催日を3月の第1日曜日に変更。沿道住民や他のイベントへの影響を考慮して、早めの周知を図り、2019年から新たな日程で大会を実施する。

 
さらに読む