陸上競技を選んだ理由

最近は人生について考えたりしています。
人間って何のために生活しているのだろうか。どうせ死ぬのになぜ頑張るのか。
自分の人生についても考えたりしています。


自分は人生という限りなく大きな可能性のある中でなぜ陸上競技を選んだのか。
人間は生物進化の過程で走ることが苦手な部類になっている。そこらの犬にさえ勝てない。

それなのに、なぜあえて苦手競技である「走る」ことで勝負しているのだろうか。
他の生物に比べて頭脳が優れているのなら、そこで勝負するべきではないか。

人間はどのように誕生したのか。
日本ではダーウィンの進化論が有力だけど、
そこには過程の仮説しかなく、
起源の仮説について触れていない。
確かにより良い遺伝子が残ったかもしれないけど、そのスタートはなんだったのか。
ビッグバン?衝突?微生物?!本当かよって疑ってしまう話ばかり。

「知的設計者」の話を知っているだろうか。
宇宙のどこかに知的設計者がいて、その知的設計者がたとえばDNAを設計して、
生物を創り出したという説。


当然、これも人類誕生のたくさんある仮説のなかのひとつにすぎない。
でも、アメリカではこの説を中・高校生に教えるかでいろいろな議論が行われているらしい。
ちなみにアメリカの13~17歳を対象にしたアンケートでは、
ダーウィンの進化論を信じているのはたったの37%らしい。
(参考:本『99。9%は仮説』)

人間がどうやって誕生したのかはすごく興味深いけど、それ以上に・・・

人間はなぜ誕生したのか、なぜ人間が生き延びているのかが知りたい。


仮にダーウィンの進化論が正しいとしたら、

なぜ人間が事実上、地球上で最も強く生き残ってしまっているのだろうか。
生物を相対的に比べて人間は明らかに完全体ではない。あまりにもろい生き物。
そして、環境を見事に破壊しているのも紛れもなく人間である。

 

人間なんて消えてしまえばよいのに!とまでは思わないが、
人間が生きている価値はあるのか!?とは感じる。


人生に関して、陸上に関してどれだけ考えても最後はいつも「自己満足」という結論に至る。

全ては自己満足な気がする。


いかに自分を満足させることができて、それによって幸せをどれだけ感じることができるのか。

これが”人間の生きている意味”と俺は結論付けたい。


その上で、果たして自分が最も生きてる意味を見出せることはなんだろうかと考えてみる。

やっぱりそれは陸上以外の何者でもないと思う。


自分を一番満足させることが出来るものは間違いなく陸上競技、100mに違いない。

走ることが好きだから。もっと速く走りたいから。自分の限界に挑戦したい!


同じ部活にはものすごく高い志を持った仲間もいる。立派なグラウンドもある。

自分は最高に恵まれた環境で練習ができているんだ。
変なことばかり考えていないで、夢に向かって進もう(><)
人生において、俺は「走ること」を選んだのだからどこまでも走っていこう!

【永久】速く走るためには【保存版】

初級編

1.力を入れるタイミング

一般の人は、足が地面に接地してから蹴ろうとしている人が多いと思います。
しかし、接地してから蹴ろうとすると足が後方へ行きすぎ(足が流れるといいます)
次の動作が行いにくくなります。
膝を上げた状態から足を降ろす瞬間に最も力を入れ
足が地面に着くときにはスッと力を抜くような感じで走ってみて下さい。

 

2.真下へ蹴る

走るときに自分の身体(重心)よりも前方へ足を着くとブレーキがかかってしまいます。
このような走り方をするとスピードが出にくく疲れやすいばかりでなく、
故障や怪我をしやすくなります
足の接地を前にしないためには地面を蹴るときに
自分の身体の真下へ蹴るようにするとよいでしょう。

 

さらに読む

脳細胞レベルでトップアスリートの動作を研究する

「ミラーニューロン」という近年発見されたニューロンについて。

最近の研究によると、たとえば人が指でナッツを掴むという行為を”行う時”だけでなく、他人が同じ行動をするのを”見る時”にも細胞は活性化するそうだ。

このニューロンは最初はサルの脳でえ発見され、今では人間の脳にも存在することが明らかになっている。
すごく簡単に説明すると・・・

たとえば
①隣の人がピンで刺されているところを見ると、自分まで痛い。

②隣の人があくびをしているところを見ると、自分まであくびしたくなる。
③隣の人が咳き込んでいるとことを見ると、自分の肺や喉もムズムズしていくる。

これらは「人間の脳内には、他人の感覚に対して実際に鏡のような効力を持つニューロンが存在する」という証拠かもしれない、ということ。

 
さらに読む

大腰筋と疾走速度の相関係数は0.912

大腰筋を鍛えたら(太くしたら)速く走れるかどうかは正直よくわからない。
このデータはただの結果であって、過程ではない。

相関係数は、あくまでも確率変数の線形関係を計測しているに過ぎない。
また、確率変数間の因果関係を説明するものでもない。

 

けど、大腰筋が太くて疾走速度が遅い人が1人もいない
というのがこのデータのすごいところだと思う。

 

さらに読む

【ウエイト】しなやかな筋肉を作りたい

今日は『ウエイトトレーニング』について。

100mランナーにとって、
ウエイトトレーニングが必要なのかどうなのかは賛否両論。判断は付け難い。

実際、自分も高校時代、確信の持てる情報が全くなかったので、
本格的なウエイトトレーニングは練習に取り入れなかった。

だけど、今は、100mランナーにとってウエイトトレーニングが
欠かすことのできないトレーニングの一つだと自分は思っている。

 

100mのみならず、陸上競技の大半は体のみを使って競う競技。
つまり、レース中にただ一つ頼れるものが自分の体。
武器は自分の体のみなのだから、力を発揮できるように鍛える必要がある。

ウエイトといっても、重たい重量を上げたり、筋繊維を太くさせたりという行為は、
速く走るという動作にはきっと結びつかない。
それを勘違いしてトレーニングを進めていくと、体が重くなり、バネを失う恐れがある。
それだけは避けなければいけない。
それではどうすべきなのか・・・?

さらに読む