209views

【速報】サニブラウン快挙!200m世界最年少で決勝進出

男子短距離のサニブラウン・ハキーム(18=東京陸協)が世界最年少での男子200メートル決勝進出を決めた2組9レーンのサニブラウンは向かい風0・3メートルの20秒43の2着だった。

また金字塔を打ち立てた。前回の15年世界選手権北京大会では同種目の世界最年少で出場し、準決勝に進んだ。その2年後。今度は日本勢では03年末続慎吾以来、7大会ぶりとなるファイナリストとなった。しかも、あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)を超える世界最年少記録の偉業つきだった。

予選を20秒52の2着で通過していたサニブラウンは、今春に東京・城西高を卒業後、オランダを拠点に練習。9月からは米・フロリダ大に入学する。オランダでは基礎固めを徹底し、足が接地後に後ろに流れる悪癖を修正。筋力も増し、体のブレが少なくなって、後半の失速が少なくなった。

決勝は日本時間の11日午前5時50分に号砲がなる。

0 返信

返信を残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。